部分痩せができる

women

部分痩せをするのはとても難しいことです。食事制限や運動によって余分な脂肪は燃焼させることができますが、燃焼する部分というものは選べないからです。こんな時に美容整形外科でできる脂肪溶解注射は利用すると良いのです。集中的に運動をすることである程度脂肪は燃焼させることができますが、身体の部位にはいろんなタイプがあり、ふくらはぎのように思う様に脂肪が落ちない箇所も存在しているのです。また、全体的に細くしたいわけではなく、脂肪が多い場所だけを減らしたいという人もいます。身体の中でも脂肪が多い場所といえばお腹や二の腕ということになりますが、ここに脂肪溶解注射をして早く痩せたいと願う人にとっては画期的な施術となっているのです。

脂肪溶解注射といえば関連する脂肪吸引が思い起こされます。脂肪を特殊な液体で溶かし、余分な脂肪を取り去るという点では同じですが、脂肪溶解注射はより気軽に施術ができる特徴を備えています。脂肪吸引手術は脂肪を吸引するためにカテーテルを体内へ挿入しますが、脂肪溶解注射であれば脂肪を溶解した後の処置は自然に任せます。血管や腸に溶解した脂肪が流れ込み、消化されたり排泄物として排出されたりします。そのため、わざわざ体内に器具を挿入する必要がないのです。代わりに脂肪溶解注射では脂肪吸引手術とくらべて複数回の施術が必要になってきます。三回は平均で行なわれることになるので想定していると良いです。減らせる範囲は小さいですが、傷跡も小さいので周囲に気づかれることなく痩せることができます。